僕の出会い系サイトエピソード【2018年版】

浴衣の似合う美女とセックスしたエピソード

 

僕が21歳の頃、まだ大学生の頃だ。

 

大学が京都なので祇園祭が毎年行われる。

 

あまり行く気はなかったが、当時PCMAXで知りあって何度か遊んでいる女の子と一緒にいくことにした。

 

 

 

 

彼女の身長は160くらい。かなりスラっとしていて綺麗な体つきをしている。

 

髪は黒上で長くて、逢沢りな似だった。

 

胸はBカップだが浴衣は胸が小さいほうが浴衣は似合うしすごい美人にみえた。

 

毎年祇園祭は人口密度がすごい。

 

夜になるとまともに前も進めなくなるほどだ。

 

彼女とはぐれないためにも手つないでいい感じにしようかな〜と思っていたら、彼女から

 

「はぐれないようにしよっ!」

 

と彼女から手をつないできてくれた。

 

 

(あ、これなら今夜もいけるわw)

 

と思い、安心して祇園祭を楽しんだ。

夜の11時半になったら解散することにしたが、当然電車は満員で彼女はなかなか帰りにくい環境だった。

 

「家近いからくる?」

 

と聞いたら笑顔でついてきてくれた。

 

本当はそんな近くないけどねw

 

 

 

 

バイクに乗せて僕のアパートへ。

 

コンビニでお酒を買って宅のみすることになった。

 

アパートに着くと彼女は浴衣を着崩す。

 

それがエロくて我慢できなくてビンビンに勃起してしまったが多分バレてなかったと思う。

 

 

 

 

彼女がお酒によって体が熱くなっていくうちに彼女は浴衣を着崩していく。

 

最終的に浴衣を完全に脱ぎ、浴衣の下に着る白い服と下着だけになっていた。

 

「そのかっこうエロいw」

 

そう突っ込むと、彼女は

 

「えへへ〜///」

 

といい、ハグしてきた。完全に酔っている。

我慢できなくなったので彼女にキスをすると、エロそうな顔をしてくる。

 

もう大丈夫だな。と安心し、彼女をベットに押し倒し、下着を脱がしていく。

 

ずっと我慢してたから前戯はあまりしていない。

 

すぐに勃起したちんこを彼女のまんこにぶちこんだ。

 

ゆっくりとピストンすると、

 

「あっ//気持ちいい///」

 

喘ぐ彼女にパンパンをいれていく。

 

彼女はおっぱいが敏感らしく、乳首をコリコリ触ると

 

「ああっ///イっイク//」

 

我慢していた分僕もすぐにイってしまった。

僕も彼女も寝てしまい、気が付いたら朝だった。

 

僕は朝立ちでビンビンだったので朝から2回戦が始まった。

 

→PCMAXの無料登録はこちら!今なら最大1000円分の無料ポイントつき!

出会えた人数190人以上!

 

会員数1000万人以上!サクラゼロ!
アダルト性の高い出会い系サイトです!セックスフレンド検索もできるからヤれる女性にすぐに出会えます!

出会えた人数80人以上!

 

会員数1600万人以上!サクラゼロ!
プロフィール検索が優れていており、ルックス検索、職業検索もできちゃいます!安全性の高い運営をしています!

出会えた人数60人以上!

 

会員数700万人以上!サクラゼロ!
プロフィール検索が優れていて都道府県だけでなく、市・区まで絞って検索することができます!


ホーム RSS購読 サイトマップ