僕の出会い系サイトエピソード【2018年版】

以前も話したが僕にはドエムのセフレがいた。→ドエムのセフレがいたエピソード

 

 

ある日、彼女から一緒に映画に行くことを誘われた。

 

僕はバイクがあるからいつも女の子を載せてどこかにいくが、たまたまアダルト動画でみたカーセックスがうらやましくてわざわざ車をレンタルしていくことにした。

 

今思うとよくそこまでしたわw

まずは目的地の映画へ。

 

彼女に「この車どうしたの?」と聞かれたが、笑って誤魔化した。

 

本当は彼女に会った時からムラムラしていたから映画見る前にやりたかったが、せっかく彼女が提案してくれたからそこは我慢。

 


↑これは乗る前にパンツがみえそうだったから撮ったw

 

 

ときどき勃起しながら映画を楽しんだ。内容は覚えてないけど。

帰りは何気なく人気の少ない道を通って帰った。

 

わざわざ彼女にばれないように怪しまれない程度に人気の少ない道を調べておいたのだ。

 

今思うと本当によくそこまでしたわ・・

 

 

 

 

途中で帰り道とは全然道を通っていることに気が付いたらしいがカーセックスの説明はしない。

 

ほとんど人気のないところにいくと車を止め、説明せずに後ろの座席に移動させる。

 

「え?え?」と戸惑っている彼女。かわいいじゃん。

 

 

 

 

僕も後ろ座席に移動して扉を閉める。

 

そして何も言わずにキスをすると彼女も理解したらしい。

 

服を脱がそうとすると、いつもより恥ずかしそうに抵抗するも結局全裸になる。ドエムはちょろいぜw

盛り上がってきたら座席の上に四つん這いで座ってバックで挿入。

 

我慢していた分挿入しただけですごく気持ちがいい。

 

調子にのってピストンを激しくすると、車の外におばあちゃんがいたのに気が付いた。

 

「外におばあちゃんおるよw」

 

「え!?まってやばい!」

 

そういって隠れようとする彼女だが興奮している僕は騎乗位に体位を変えて余計外から見えるようにする。

 

「だめっ//声でちゃう///」

 

そういって口を押えて小声で喘ぐ彼女。

 

そんな彼女のクリトリスをいじってやると声が外に聞こえるくらい喘いでしまう彼女w

多分おばあちゃんにはバレていないが、ヤバいと思った彼女は騎乗位から逃げる。

 

その間所を後ろから抑えてもう一度バックで挿入。

 

「もうだめだってばぁっ//」

 

抵抗しようとするも弱々しい力で本気で抵抗しない彼女。

 

彼女の両手を掴んで口を抑えないようにして激しくピストン。

 

 

 

「んっ//んっ//」

 

頑張って声を我慢するがときどき声が漏れる。しかも窓からは彼女の体が丸見え。

 

そんな状況がエロすぎてそのまま中出ししてしまった。

 

 

 

カーセックスは人生で一度しかしたことないけど、車買ってでもまたしたいなぁ・・・

 

 

→ハッピーメールの無料登録はこちら!今なら最大1700ポイントの無料ポイントつき!

出会えた人数190人以上!

 

会員数1000万人以上!サクラゼロ!
アダルト性の高い出会い系サイトです!セックスフレンド検索もできるからヤれる女性にすぐに出会えます!

出会えた人数80人以上!

 

会員数1600万人以上!サクラゼロ!
プロフィール検索が優れていており、ルックス検索、職業検索もできちゃいます!安全性の高い運営をしています!

出会えた人数60人以上!

 

会員数700万人以上!サクラゼロ!
プロフィール検索が優れていて都道府県だけでなく、市・区まで絞って検索することができます!


ホーム RSS購読 サイトマップ