僕の出会い系サイトエピソード【2018年版】

パパ活JDとのエピソード

 

1年前PCMAXで知りあった女子大学と出会った。

 

彼女はバイトもせずにパパ活でできるだけ稼いでいる卑猥な大学生だ。

 

パパ活のJDとは何人かと出会ったが、彼女は体の関係OKのタイプだったのでヤることにした。

 

 

 

 

 

彼女の身長が160センチくらい。

 

体系は普通。

 

胸はまあまあかなって感じだった。

 

意外にも真面目そうな人で、大学も京都でトップクラスだった。

出会ったら「こんにちは。」

 

律儀に頭を下げる。

 

パパ活で生活してるとは思えない顔付きと性格だ。

 

 

 

 

 

 

ホテルの前で集合したので少し挨拶をしたらホテルへin

 

僕は慣れているが、彼女の落ち着き方から彼女の方が慣れているのではないかと思った。

ホテルの中へ入ったら少し会話

 

会話って言っても少し卑猥な感じで、「何人としてきたか。」「おっぱい何カップか。」の話だ。

 

卑猥な会話になると真面目そうに見える彼女の表情が変わる。

 

 

 

 

「Cカップですよー//」といって彼女から僕の手を引っ張って触らせてきた。

 

彼女のおっぱいを服越しに触って揉んでいく。

 

そして目が合ってキス。柔らかい唇だ。

 

 

 

彼女のブラをはずして乳首をコリコリすると

 

「気持ちいです//早くここ触って//」と僕の手をまんこに引っ張る。

 

彼女のペースだが僕も興奮してきてクンニすると「あ//イクイクイク!!//」とビクンビクンと体を動かす。

 

 

きっと彼女はSEXの快感が大好きなのだろう。

 

僕のあそこをジュボジュボと音をたてて舐めてくれるが、右手でオナニーしていた。

 

 

 

 

 

お互いの性器が濡れ濡れになったから彼女のまんこに正常位でぶち込む。

 

もちろん生だ。

 

「これこれ//気持ちいい//」

 

ピストンするたびに彼女の気持ちよさそうな声が響く。

バックに体勢を変えると「あは//気持ちいよぉ//」と喘ぐ。

 

彼女の喘ぎ声は止まらなかった。

 

 

 

 

 

 

そのままバックで中出し。

 

めちゃくちゃ気持ちよかった。

 

それで終わりかと思ったが、彼女が自分からお掃除フェラをしてくれる。

 

その時僕の調子もよくてまた勃ってしまった。

 

「ふふ、もう一回できるね//」と僕を押し倒して騎乗位。

 

「ああん///気持ちいいよお//」

 

彼女が高速で腰を動かす。

 

しかもさっき中に出した精子がまんこからでてきてすごくエロい。

 

今度は僕が彼女を押し倒して正常位でピストンする。

 

僕がイきそうになると

 

「また中で出して//ピューって出して//」

 

甘い声で言ってくるのでまた彼女に中出しした。

 

 

 

 

 

腰が砕けそうなほど気持ちよくて、家帰ったら爆睡だったね。

 

→PCMAXの無料登録はこちら!今なら最大1000円分の無料ポイントつき!

出会えた人数130人以上!

 

会員数1000万人以上!サクラゼロ!
アダルト性の高い出会い系サイトです!セックスフレンド検索もできるからヤれる女性にすぐに出会えます!

出会えた人数80人以上!

 

会員数1600万人以上!サクラゼロ!
プロフィール検索が優れていており、ルックス検索、職業検索もできちゃいます!安全性の高い運営をしています!

出会えた人数60人以上!

 

会員数700万人以上!サクラゼロ!
プロフィール検索が優れていて都道府県だけでなく、市・区まで絞って検索することができます!


ホーム RSS購読 サイトマップ